マイホームを安く入手する

つみきの家

手数料が要らない物件

マイホームは人生における最も高い買い物の1つであり、購入には多額の資金を必要とします。そのため、資金計画は慎重を期す必要があります。マイホームの購入計画を立てるときに忘れてはならないのが、本体価格以外にかかる諸経費です。不動産取得税や登記手数料など、住宅取得にはさまざまな間接費用がかかります。ただ、工夫次第ではこうした諸経費の一部を節約することも可能です。それは、仲介手数料無料を謳っている不動産仲介業者を選ぶことです。仲介手数料は、住宅の売り手と買い手を仲介する際に不動産業者が受け取る報酬です。新築物件のように販売者イコール物件所有者という場合は必要ない場合が多いですが、中古の場合はおおむね物件の3パーセント程度、つまり3,000万円の住宅であれば買い手は約100万円を支払う必要があります。ただ、この金額は法律で定める上限であり、業者は自らの判断で報酬の額を引き下げてもよいとされています。仲介手数料無料物件は、いわば究極の手数料ディスカウント物件だということになります。といっても、仲介手数料無料物件の場合でも業者はまったく報酬を受け取らないわけではありません。実は仲介手数料無料は、売り手と買い手の双方から受け取っても構わないことになっているのです。そのため、買い手側のみ仲介手数料無料としても、利益は発生するのです。仲介手数料を無料としてる業者はたくさん存在しますが、注意が必要なのは、手数料を取らない代わりに本体価格が割高になっているケースがあることです。物件を選ぶ時は、付近の価格相場と照らし合わせて適正な価格設定になっているかどうかをチェックするようにします。